時計の歴史は、偉大な発見をした科学者や物理学者が大きくかかわっています。

振り子時計につながることとなる、振り子の等時性をガリレオ・ガリレイが発見したことは広く知られていますが、それから75年後に振り子時計を最初に製作したのは、土星の輪と衛星のタイタンを発見したことでも知られるオランダの物理学者、クリスチャン・ホイヘンスでした。

この発明でそれまで1日に1時間だった誤差が、1日に10分程度に縮まったといわれています。

また、懐中時計の動力源となっていたひげゼンマイが一定周期で振動することを発見した人物は、手製の顕微鏡で細胞を発見して有名になるロバート・フックです。

この原理は、フックの法則を応用したものでした。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

そして1674年にホイヘンスがひげゼンマイを調速装置として使用した懐中時計を完成させ、時計のニーズが教会の塔などで使用される大きなクロックから、持ち運べるウオッチへと主役が移り変わっていくことになります。