自動車事故はあなただけの事故と他者に影響を与えた交通事故が存在します。

自分だけの事故の場面では、自分が対応が済めば終了となりますが、他人が関わった自動車の事故はどちら側にどれだけの手落ちが存在したのかを分析しこれにより修復費や和解のお金の金額等が決められますので保険会社の有識者にも参加してもらい話し合いが必要です。

大部分の自動車での事故でそれぞれにちょっとは間違いがある時が一般的で片方だけの手落ちが問われるという場合は多くありません。

言うまでも無く赤信号無視や一旦停止無視等は大きな責任になりますが、被害を受けた人であっても間違いがあったと判断されます。

車での事故の際にはどの車の過失が原因で起きたのかという結果がたいへん重要になってきますのでその結果を数値で示したのが《過失割合》なのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

例として、赤信号で止まらなかったり、一旦停止無視場合であるならば法律では全ての過失があるように思いますがもしも事故の原因になった自動車が対面から来て自分の目でチェックできたケースだとすると自動車事故の被害者でも注意が足りないと判断され10%程度の責任があると認められる可能性もあります。

つまりその状況では事故を起こした側が9割、事故に巻き込まれた人が1割過失割合となってしまい過失が大きいとそれに応じたミスが問われる事になるのです。

もっといえば車での事故の過失割合は判例を元に結論付けられる場合が大部分で、日弁連交通事故相談センターから示されている表等が基準として用いています。

このような過失割合の、数字が大きいほどミス、結果的に賠償額も大きくなりますので、事故後の交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく車の保険の担当に参加してもらって冷静に調整することが大切です。