外国為替証拠金取引の経験がない方が為替相場の重要なところを探し出すためには、まずトレードを積み重ねることが大切です。

特に、直前にピンチを避けれるようになるようになるにはミスを繰り返す事も経験のひとつ。

もちろん、負けたといっても再起できないほど重大な間違いをする事は問題外です。

小さい失敗を数度重ねる事が結論として自身のレベルを上げてくれるはずです。

この考えではまず最初は小さな額で投資して、それによって数度小さめのマイナスを経験することをおすすめします。

100万円だけしか投資する事が出来ない人が、はじめに一円も残さないで投入して取引すると、間違えた時、金輪際取り返せない怖さがあります。

それならば、資金の10分の1ずつ分けて取引してそこでマイナスやプラスを重ねた方が段々と損を補う方法なども身についていくはずです。

最初はわずかな額でエントリーする事の長所は、先ほど書いたように、自らの取引経験を増やし、間違いをコントロールする術を学んでいく事にありますがそれと同時に、取引の回数を繰り返して、危険性を小さくできるという良いところもあります。

たとえば、1度限りの取引で儲けられる可能性が二分の一だとします。

言い換えると、同じく5割の確率で損が生じる危険性もあるということになります。

勝率50%ということは2回に1回の率で勝てることを意味しています。

ですが、全ての資金を投じてただ1回の勝負をするということは勝つか、負けるかのいずれかになってしまう。

それではたんに1度の賭博と同じです。

言い換えれば、全てを投入して1回のみしか仕かけないと、損が生じる率が高くなります。

だから、お金を全額つぎ込むのではなく何度かに分けて、投資経験を増やす事が危険性を減らす事になります。

だからといっていくつかに分けたとしてもすべての取引で勝つ事は大切ではありません。

というか、勝つことが出来ないのが現実だ。

トレードで不可欠なのは、勝つ回数ではなく、どのように儲けるかである。

勝半5割でも例えば勝率5割以下でも儲ける事は出来ます。

それ以上負けても損が少額ならばわずかな勝利の儲けの大きさだけで十分儲ける事が出来ます。

そのために不可欠な事は、損を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

損失が出たらすぐに損失を確定して勝てる時は上手に利益を出す事が、FXの経験の浅い方が外国為替証拠金取引で勝つための極意です。