借金などの返済方法というものは、クレジットカード会社の方針によってかなり差異があり、いろいな方式が選ばれています。

基本的には残高スライド法やリボ払い方法などが多いみたいです。

こういった誰しもが知ってるリボルディング払いですが本当のところ計算方法にはいろいな形式というものがあったりするのです。

そしてしかよう種別によって引き落し金額が違ってきてしまいますから、心得ておいて損なことはないはずです。

ではやさしくそれぞれのやり方の差異について説明しましょう。

一つは元金均等払い、次は元利均等払いです。

それぞれ読んで字のごとく元金に関して一様に払っていくというものと、元金と利息に関してをあわせて均等に払っていく様式です。

ここではたとえば10万円キャッシングしたと設定し具体的にどんな算出をするか試してみましょう。

金利は双方とも15%と設定して計算します。

それとリボルディング払などの支払いを1万円と設定し試算します。

取りあえず元金均等払いのほうからいきましょう。

斯様な場合の1回目の支払いについては1万円に対して利息分1250円を加えた支払額となります。

その次の支払に関しては1万円へ利息の1125円を合計した金額へとなります。

こういうようにして総回数10回にて支払を終えるという方法になります。

一方、元利均等払いというのは最初の引き落しについては1万円ですがそこから元本へ8750円、利子に1250円と言う感じで割り振るのです。

次の返済については元金が8750円に減った状態で利子を算定してその1万円を更にまた分配します。

別言すれば、元利均等払いの場合では10回で返済が終了しない計算になります。

たったこれだけの相違で両方がどれぐらい違ってるのかということがたっぷりと理解してもらえたことと思います。

元利均等というのは元金均等と比べて、はっきりともと金が減少していくのが遅くなっていると言う難点というのがあったりします。

別言すれば利子をおおく支出するという状態になるわけです。

一方では、最初の支払が少なくて落ち着くというメリットもあったりします。

こうした支払方法についての違いにより、引き落し合計額というのが相違してきますので自分の好みに応じた使い方を採用するようにしていきましょう。