大抵の車の保険の会社は親切丁寧と告知をしていますが、自動車事故にあったときに文句無くきちんきちんと対処してくれるか気になるところです。

ことさら電話で入るダイレクト系自動車保険と称される店舗が整っていない車の保険会社では顔が分からないということも不安になってしまうのではないでしょうか。

とは言っても通販型と現実にある店が存在する保険屋さんの対応に驚くほど大きな優劣はございませんし、ダイレクト型自動車保険のほうがコストが節約できる分月々の保険掛金が安いので事故にあわなければ保険料を抑えることができます。

それでは自動車保険の会社において対応力に違いがあるかどうかといえば、ノーではありません。

その違いは代理店型の自動車保険ダイレクト型というような事が理由ではなく各々の自動車保険会社に応じて対応をしてくれる時刻や日にちが別になることによります。

事故はどんな場面で起こるか推測できませんので受付はどんな時も受付してくれるのは必須の条件でそして土日や夜中に起こった事故対応がきちっとされているのかを確認することが必要です。

会社によっては四六時中事故の対応でも事故対応時間が平日と違っていて短くなっている保険会社もあるので調べておくことをお勧めします。

別の話として、万が一に備えて自動車保険の会社の事故対応拠点もちゃんと知っておくことも重要です。

どれだけ保険会社でも対応拠点が遠くにしかなければ処理がすぐにされないケースもありますので、自宅の近所にあるかを事故処理の差異を比較するものさしです。

それなりの自動車保険会社はエリアごとに処理拠点があるようなこともございますので必要なときの対応も質が高く現場でしなければいけない処置もしっかりと話ををしてくれると評判です。