破産許諾を得たときに、損害(デメリット)が存在するかは破産申請を考えた人にとって100%初めに得たい説明だと思います。

そこで自己破産者が受ける損失に関連した事柄を並べ書きにしようと思います。

・公共の破産者の一覧に書かれます。

※本人証明を給付するためのデータであるので一般人は手に入れることができないですし、免責の認可が手に入れば消去されます。

・官報へ記録される。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

※新聞とは違い大抵の書店には扱われませんし一般の人々には関係性のないことであると思います。

・公法上におけるライセンス制限。

※自己破産宣告者になった場合法曹関係者、公認会計士、行政書士、税理士といった資格所有者は資格喪失になってしまい仕事が許されなくなります。

・私法上での資格制限。

その他、合資の会社の労働者と株式会社、有限形式の会社の監査役の場合、退任根拠になってしまいます。

・住宅ローンやカードを使用することが不可能となります。

さらに、破産管財人事例のとき下に記載する制約も追加されます。

・破産者自身の資産を勝手に保持、売却することが不可能になります。

・破産管財係や債権者組織の呼び出しがあると適切な対応をすることが求められます。

・裁判所の許諾なしで住処の移動や長めの遠征をすることは許されません。

・法が必要と認定した場合は身柄を保護されるケースがありえます。

・送付品は破産管財担当者に届けられ破産管財担当者は送付品を開封権限をもちます。

今まで述べた以外の破産した方の不便性に関して大抵誤解されがちな要素をまとめにしてみました。

1戸籍謄本そして住民票においては記録されません。

2企業は自己破産したことを理由として退職させることは不可能です。

※破産者がしゃべらないかぎり雇用主に気づかれることはありません。

3選挙権限や選挙に立候補する権利などの権限は停止されません。

4連帯保証人ではない場合は近親者には返済理由は認められません。

5日常に欠かせない家財(ノートPC、テレビを含む)衣類などは差し押さえ対象外です。

損失に関連して列挙してみました。

破産の申し立てをすれば債務は無かったことになりますが、今まで挙げたデメリットも存在します。

破産申請を検討する上で有効性もデメリットきっちりと熟慮した方がよいと考えます。