大抵の車の保険会社は手厚いと宣伝していますが、乗用車の事故を起こしてしまった状況で完全にきちんきちんと対処してくれるか心配ですよね。

とりわけ電話で入る事が出来る通販型自動車保険と呼ばれる実際の店舗を所有していない自動車保険会社では対応が見え難いことも心細くなってしまいがちです。

でも、通販型と実在のお店が存在する自動車保険会社の対応に特に大きな隔たりはありませんし通販型のほうがコストが減らせる分保険掛金が低く抑えられているので事故を起こさなければ月々の掛金を低く抑えることが可能になります。

では、保険会社の違いによって対応策に違いが存在するかと聞かれればイエスと答えます。

その違いは店舗型自動車保険ダイレクト型自動車保険という区別ではなく、各々の車の保険会社によって事故対応をしてくれる時刻や曜日が異なることが挙げられます。

自動車の事故はどんなタイミングで遭遇するか想像できませんので対応は24時間365日対応してくれるのは必要な条件となり、かつ祝祭日や深夜にそのような対応がきっちりとしているのかを知っておくことが大切です。

自動車保険会社によっては、365日事故の対応と言っていても事故受付時間が休みの日は違い短縮されている保険の会社もあるので知っておくことが必要です。

別の話としてひょっとしたらに備えて自動車保険会社の拠点もちゃんとチェックしておくことも大事です。

どんな自動車保険会社でも事故処理拠点が多くなければ事故対応がすぐに行えない場合もありますので近くに事故対応拠点が存在するかどうかも事故の処置の優劣を決める材料です。

大型の自動車保険の会社は区域ごとに事故対応拠点を保持している場合もあるので連絡したときの対応も質が高く自分で行う処置もきちんと助言をしてくれると評判がいいです。