車の事故に遭った状態で自分が事故の被害者のケースでも事故を起こした方が手落ちをこれっぽちも受諾しないという事はかなり多く聞くことがあります。例えば、意思と関係して起こってしまったのではなく不注意で乗っていた車をぶつけた時に言い争いに結果なってしまう状況がありえます。だからと言って、現場で自動車だけの交通事故して片付けられ忘れた頃に体の痛みが現れた時に通院した病院の診断書類を警察署に出すのでは後手に回る事はしょうがなくなります。では車での事故の過失割合の確定には何らかの目処が設けられているのでしょうか?しっかりと申しますと警察署が決めるのは、自動車事故の大きな落ち度が認められるのはどちらであるかという責任の所在であり、割合ではないのです。また、最終的に明確にされた責任者が警察署から知らされる事は考えられません。過失の割合は事故当事者の調整の結果によって決められ、その事が賠償額の算定のベースです。この場合、双方共に任意で加入できる保険に入っていない時は本人同士が面と向って相談するしかありません。しかしながら、当然の事ですがこういった方法では、短絡的な問答になるケースが多くなります。これに加えて、主張が平行線をたどれば万が一の場合、訴訟にまではまり込む、この場合時間とお金の計り知れない損失となります。そのため普通は、互いの運転手に付く保険会社、そのように両者の自動車の保険会社に協議を頼む策を活用して、適当などちらに何割過失があるのかを慎重に決定させます。こういった場合には自動車の保険会社は、過去の自動車の事故の係争の結果から計算した認められた基準、判例集をたたき台として推計と相談をして過失割合を出します。と言いつつも自動車事故の例では、不幸にも関わってしまったのか他者を巻き込んでしまったのかの状況を問わず、真っ先に警察を呼ぶのが原則です。その後、保険会社にやり取りして、以後の協議を任せるのが順序となります。正確な順序さえ把握していれば無意味な議論への展開を未然に防止できます。