私も、昔からサッカーが好きで応援するチームもありますが、数年前に行われてた選手の移籍金の変更で、選手の移動が激しくなり、今応援しているチームの選手を覚えるのも大変になってきました。シーズン中でも、すぐに移籍してしまい、あの選手は今どこにいるのかもわかりません。昔は、チームの顔的存在がいたりと、わかりやすかったのですが、最近では、若手がすぐに海外にいったり、レンタル移籍をしたりと、動きが激しいです。資金力のない強いチームは、すぐに草刈り場のように、選手が移籍してしまうだけでなく、今年の浦和などは広島からの移籍選手が多く、選手だけ見ると広島と言いたくなる陣営です。Jリーグが発足して、地域性を意識したものがありましたが、最近のJリーグを見ると、2リーグ制導入などの混乱もあり、運営には問題が多いようです。Jリーグがどこを目指し、どんなコンポセフトを感じさせるかが大事であり、代表の活躍だけに頼ると、サッカー自体が埋没しかねない時代もありそうです。