数年前子供がおたふくになり、それをもらってしまいました。 何も食べられなくなってしまって、ゼリーを流し込む生活をしていました。 それで何とか普通に生活できるまでになった矢先、親知らずが痛み出しました。 虫歯になっていたのですが、まだ大丈夫と思って治療に行かず放置していました。 それが祟って、おたふくが終わったタイミングで痛み出しまた何も食べられない生活が始まりまりました。 おたふくの時と違い、口を開けると痛むので開けることすらせずにいたので立ちくらみを頻発するようになりました。 そうして数日が経った朝、トイレに行こうとソファを立つと立ちくらみ。 あぁ、またか…と思い構わず歩いていこうとしたらいつもと違い視界が完全に無くなり、体の自由が無くなってトイレのドアに突っ込みました。 眼鏡が歪んで、トイレに急いでたのに倒れて動けなくなり失禁したんじゃないかと思えました。 大きな音を立てていただろうに、その時リビングから主人は出てきてくれず、やばいやばいと思いながらトイレへ何とか入りました。 身体が痺れて感覚が戻るまでにかなり時間がかかりました。 出てきてくれない主人に知られないように平静を装って部屋に戻ったのですが、主人曰く冷 や汗、呼吸が荒くどんなに平静を装っていようとおかしかった。 だそうです。 貧血で倒れたのはこれが初めてでした。